うつ病やパニック障害、躁うつ病などの精神疾患を患うと、今まで通り仕事がこなすことが難しくなります。
そのような時は会社の福利厚生を利用しましょう。
有給休暇を消化したり、有給休暇で足りなければ、病気休業などを利用しましょう。
それでも、体調が改善せず、経済的に困窮し治療費が家計の負担になるようであれば、自立支援を利用しましょう。
自分が住んでいる地域に、医師の診断書とともに自立支援を申込み、その申請が通れば医療負担が3割から1割になります。
自立支援を利用し、会社の福利厚生を利用しても症状が改善せず、やむなく退職する場合もあるでしょう。
そうすると、本来の精神疾患に加えて経済的困窮や将来への不安から症状が悪化してしまうケーズがあります。
それを防ぐために、精神疾患が理由で就労することが出来なくなったら、障害年金を申請することをお勧めします。
障害年金は、障害の程度によって、今まで払ってきた国民年金や厚生年金から年間決まった額の支給を受けることができます。
地域の福祉課や主治医、或いは国民年金機構などに相談してみると良いでしょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930