気分が酷く落ち込んで、以前は楽しかった趣味にも打ち込めなかったり、夜眠ることが出来なかったりする症状が2週間以上続いたら、それは何らかの精神疾患かもしれません。
そして、会社や学校や家庭でストレスを感じていることがあれば、そのストレスが原因で、うつ病やパニック障害、躁うつ病などの精神疾患を発症する可能性が高いです。
そんな時は、心療内科や精神科での受診をはやめに受けることをおすすめします。
うつ病やパニック障害、躁うつ病などの精神疾患を治療するのは、専門医の診断と抗うつ剤や精神安定剤、睡眠薬などの自分に合った薬を飲むことです。
この心療内科や精神科での専門医の診断と服薬治療が、うつ病やパニック障害、躁うつ病などの精神疾患に対する治療の主流です。
また、心療内科や精神科によっては、臨床心理士を雇いカウンセリングなどを併用して、患者に自らの病気と向かい合わせ、自らで解決策を見つけることを手助けする方法もあります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031